めったに使わないものが部屋を占領していませんか?

困ったときのトランクルーム

滅多に取り出さない洋服や書籍、フィギュアや楽器などなど…気がつけば部屋の中には普段ほとんど使わないものがあふれていた、なんて経験はないでしょうか。そういった品はスパっと処分ができれば苦労がありませんが、思い入れがあったり諸事情により手放せないという人もいるかと思います。そんなときに活用したいのがトランクルームです。普段使わないものを預けることができる貸スペースで、トランクルーム以外にもレンタルコンテナ、レンタル収納スペースといった名称で呼ばれることもあります。これらは細かい違いはありますが、普段使わないものを別の場所に移すという点では共通しています。では、具体的にどのようなサービスなのかを解説していきます。

サービスにはこんな違いが

先に挙げたトランクルームは、利用者が事業者に荷物を預けるサービスなので荷物の保管責任は預かった事業者側にあります。一方、レンタルコンテナやレンタル収納スペースはあくまで荷物を置くスペースを借りるサービスであり、荷物の収納は利用者自身が行うため、サービスを提供する側に保管責任はありません。普段使わないものをとにかく退避させたい、という人にとってはあまりこの違いが気にならないかもしれませんが、預けた荷物を取り出す場合は事業者の営業時間内でないといけない、自身で収納した場合は荷物に問題が発生した際の保証がない、といった軽視できない違いもあります。しかしうまく活用すれば、すっかり狭くなってしまった部屋もかつての広々としたスペースに戻せるかもしれません。まずはお近くのトランクルームの詳細を確認するところからはじめてみてはいかがでしょうか。

バイクの駐車場を探しているなら、希望のエリアと料金を明確にしておきましょう。防犯カメラの有無なども確かめることが肝心です。